当院での新型コロナウイルス対策について

医療法人社団明徳会では新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

院内感染予防として、普段から行っている取り組み

①各診療用チェアに、大型口腔外バキュームを設置し、空気中に浮遊する感染物を吸引しております。
②ドリル等のハンドピースを含め、治療器具は患者さまごとに交換し、徹底した消毒滅菌をしています。
③治療にはゴム製の医療用手袋を使っていますが、患者様毎に必ず交換をしています。それだけではなく、穴が開いたり少しでも不衛生な状態になったりしたグローブは、同じ患者様でも取り替えています。
④患者様用のエプロンは使い捨てにし、患者様ごとに廃棄しています。
⑤スタッフは適時マスクを着用し、定期的に交換をしています。
⑥目を保護するシールドやゴーグルを着用しています。
⑦診療用チェアや肘かけ、操作パネル等は患者様毎に消毒液による清拭をしています。
⑧スタッフは頻繁な手洗いと手指消毒を実施しています。
⑨診療室内は空調機器により常時換気を行っています。

新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み

⑩適宜、窓ガラスや入り口ドアを開けて、充分に換気をしています。
一部医院では、玄関ドアを常時開放しています。
⑪ドアノブなど、患者様が触れる可能性のある場所を消毒液により頻繁に清拭しています。
⑫玄関、待合室へ患者様用の消毒液を設置致しています。
⑬診療室内では常時マスク着用としています。
⑭スタッフも体調不良の場合に検温・報告や出社を控えるなど、体調管理を通常より高い基準で徹底しています。 福岡歯科では、普段から【患者様の安全】の為に様々な対策を日々重ねて参りました。こうした取り組みが認められ、福岡歯科全医院が厚生局から『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』の認定を受けられています。普段通りとはいえ、新型コロナウイルス対策としてスタッフ全員で感染予防対策を再確認し、今まで以上に注意しておりますので、ご安心して治療をお受けください。診療所の待合室には、より詳しい「新型コロナウイルス対策アドバイス」が置いてございますので、ご参考いただければ幸いです。皆様におかれましては、栄養・睡眠を十分にお取りになって、免疫力を高める生活を送ってください。
一刻も早く、新型コロナウイルス感染が収束し、皆様が安心できる生活にもどることを願っております。

令和2年3月